Master Piece FX(マスターピースFX)は買っていい商材か? TAMURAの評判や噂に賭けられるか? 

「FXの知識や経験不要」

「完全無裁量」

「誰でもカンタン」

「億を目指せる」

これらはマスターピースFXの宣伝文句の一部です。

FX商材はそれを購入しただけでは
当然勝てません。

マスターピースFXは購入して
設定だけ済ませば勝ててしまうのか?

それはどうやら少し言い過ぎのようです。

多くのクロスリテイリングの商品と一緒ですね。

過去検証と実践をしてみましたが
確かに連勝街道は続きます。

負けはせいぜい2から3連敗で止まりますね。

少しの裁量を加えれば勝率はさらにアップ。

それがマスターピースFXの実態と言えます。

結論として億を目指せるかと言えば
それはカンタンではありません。

それくらいは許容してますよね?

億を目指すのは難しいと言えるが
実際結構勝ち続けられる

それがマスターピースFXです。

マスターピースFXの内容を詳しく見ていきましょう。

マスターピースFXの公式販売ページはこちら

マスターピースFXとは?

マスターピースFXは完全自動売買EAという触れ込みです。

EAはMT4を使って自動売買ができるシステムのこと。

マスターピースFXもMT4に設定して使います。

これは普通の自動売買EAと同じですね。

完全自動売買EAマスターピースFXの実力

完全自動売買EAの検証は機械的に行われます。

エントリーや利確、損切りで
人間の判断が持ち込まれることはありません。

設定されているパラメーターの数値が
同じなら誰がやっても同じ結果が出ます。

以下にバックテストの結果を記していきます。

バックテストの結果

・スタート資金 100万円

・検証期間 15年(180カ月)

・勝率 97.18%

・トレード回数 4003回

・勝ちトレード回数 3890回

・負けトレード回数 113回

・海外口座なら48億円

・国内口座なら4.8億円

・・・

国内トレードの場合はレバレッジ規制があります。

海外だと200倍以上のレバレッジがあります。

利益は国内のおよそ10倍にもなります。

通貨ペア=ユーロドル

世界の通貨ペア別取引量で一番多いのがユーロドル。

取引量が多いのでダマシが少ないと言えます。

チャートを動かすために資金量が多く必要になるからです。

取引量が多いとトレンドが継続しやすいという特徴もあります。

プロフィットファクター(PF)=2.18倍

プロフィットファクターが
15年の検証期間で2倍以上というのは
優秀な自動売買EAと言えます。

取引回数4000回以上のバックテストで
プロフィットファクターが
2倍以上になることはなかなかありません。

モンテカルロ分析

モンテカルロ分析はトレード結果を
ランダムに入れ替えて、
ドローダウンがどうなるかを見るのに使われます。

1回のドローダウンが大きい自動売買EAだと
負けトレードの続けば
追証にもなってしまいます。

マスターピースFXはそうならないようです。

最大ドローダウン=3.46%

最大ドローダウンは総資産から
いくら含み損を抱えたか、
あるいは損失を出したかを示す数値。

3.46%というのは仮に資金が100万円だった場合
含み損あるいは損失が3万4600円ということを示します。

SQNスコア=20.98

SQAスコアが5を超えるとかなり優秀であると言われます。

コンテンツ

・TAMURA式完全自動EAマスター講座基礎編

・TAMURA式完全自動EAマスター講座EA解説編

・TAMURA式完全自動EAマスター講座ロジック解説編

・TAMURA式完全自動EA「Masterpiece」本体

・TAMURA式億万長者への資金管理マスター講座

・TAMURA式完全自動EA設定マニュアル

・プロジェクト限定!TAMURAがお届けするオンラインセミナー全3回

・無期限/回数無制限のコメントサポート

・TAMURAが直接動画で回答!フォローアップ動画

・EAのインストール保証!遠隔サポート

・・・

以上のようにマスターピースFXには
充実したコンテンツ内容が用意されています。

多くは初心者向けに作られています。

初めて自動売買EAを使う方にも安心のサポートがあります。

完全自動売買EAマスターピースFXのトレードロジック

マスターピースFXのトレードロジックは逆張りです。

日本時間早朝にトレードします。

エントリー条件

マスターピースFXのエントリー条件は
移動平均線を使った押し目買いと戻り売り。

スキャルとデイトレの中間的位置づけですね。

エントリーの時間帯

・売りエントリーは日本時間の早朝のタイミング

・買いエントリーは日本時間の朝からお昼すぎまで

朝から昼の時間帯というのは
アメリカやヨーロッパが
夕方から夜になっている時間帯です。

アメリカやヨーロッパのマーケットが閉じていて
比較的値動きの小さな時間帯を狙ってトレードします。

自動で複数のポジションをエントリー

・売りの場合は最大2ポジション

・買いの場合は最大3ポジション

エントリー後
マスターピースFXが状況を判断。
追加のポジションを自動で入れてくれる機能があります。

完全自動売買EAマスターピースFXでいったいいくら稼げるのか?

15年間のバックテストで
国内口座なら4.8億円、海外口座なら48億円
という結果が出ています。

マスターピースFXは一体いくら稼げるのでしょうか?

100万円の証拠金でトレードをスタートした場合に15年間で4.8億円

100万円でスタートして15年で4.8億円にするには
年率51%で資金が増えていく必要があります。

すごい利回りです。

おそらくバックテストのロット数は
固定でシミュレーションされているはずです。

しかし15年で4.8憶円というのは
シミュレーションに誤りがあるかも・・・

という印象です・・・

海外口座で10ロットでトレードした場合

マスターピースFXの販売ページには
1カ月で34連勝、143pipsで150万円の利益とあります。

この時のロット数は10ロットです。

1pipsでの利益は約1万円ですから、
1ロットは10万通貨ということになります。

1ロット=10万通貨というのは
海外のFX口座で運用したことになると思います。

もしこの条件で国内FX口座でトレードした場合
利益は1/10の15万円程度になります。

仮に100万円準備したとして
ひと月150万円ですから月利150%です。

もし資金が増えるのに応じて
ロット数も上げていけば、
月利150%だと1年で1億円を超えてしまいます。

エントリー回数や勝率から利益を推測してみる

15年間(180カ月)で約4000回のエントリーですから
1カ月間で平均20回エントリーチャンスがあります。

1回のエントリーで平均10pipsとれるとしたら
1カ月あたり100~200pipsになります。

勝率が97%なら
これぐらいの利益は期待できます。

1ロットでトレードすれば
1カ月あたり1万円~2万円の利益。

価格は298,000円

マスターピースFXの販売価格は

298,000円(税抜き)

です。

この販売価格が高いか安いか・・・

結論としては
バックテストの結果がすべて本当なら
かなり安価だと思います。

投資した費用がすぐに取り返せるということです。

マスターピースFXの総括

マスターピースFXは
バックテストの結果がすべて本当なら
かなり優秀な自動売買EAと言えます。

しかし肝心のフォワードテストの結果は
公開されていません。

これをどうとるかは購入検討者の判断にかかっています。

トレードロジック自体は
移動平均線を使う押し目買い、戻り売りです。

マスターピースFXに価値があるかどうか

その判断は開発者TSMURAさんを信じられるか
にもかかっているようですね。

●関連記事 Master Piece FX(マスターピースFX)の検証結果 TAMURAの2chは評判は?

マスターピースFXの公式販売ページはこちら

コメントを残す